沖縄の黒糖を使って口当たりもよいドリンクを

沖縄の黒糖と味噌で串カツ用のたれを作る 黒糖を使った沖縄の料理は、腹持ちの良いメニューも多いです。黒糖を使った、身体にもやさしい、美味しいレシピもあります。黒糖を入れたアップルティーは、ショウガも加えて、スパイシーに仕上げます。材料は、リンゴにショウガ、シナモンにレモン、グローブに黒糖、紅茶です。リンゴとショウガは、すりおろします。鍋に、すりおろしたものと、水やグローブ、シナモン、黒糖を入れて、15分くらい火にかけて、レモンを入れて、ひと煮立ちさせます。茶こしで越した液体1に対し、紅茶は3の割合でカップに注ぎます。寒い日には、飲んで体がぽかぽかと、温まる黒糖入りのチャイもいいでしょう。紅茶にシナモン、おろしたショウガに、黒糖と牛乳を用意します。

紅茶に水、シナモンにショウガを鍋に入れて、3分くらいに出します。牛乳と黒糖を入れて、沸騰直前で火からおろします。ショウガ入りのミルクティーは、身体が温まりますし、黒糖の甘みと、シナモンの香りが、素敵なスパイスとなります。毎日でも飲める、黒糖を使ったドリンクでは、黒糖入りのサワードリンクもいいでしょう。ショウガに黒糖、酢を加えて、黒糖酢を作ります。1週間くらいで出来上がりますので、保存できる瓶に入れて、1日1度はかき混ぜておきます。できた黒糖酢は、炭酸水で割って飲んだり、ミルクや水で割っても、美味しくいただけます。

Copyright (C)2017沖縄の黒糖と味噌で串カツ用のたれを作る.All rights reserved.