沖縄の黒糖を食べる文化は長寿の秘訣の一つ

沖縄の黒糖と味噌で串カツ用のたれを作る 沖縄の料理に欠かせない黒糖は、そのまま食べて、お茶うけにすることもあります。沖縄の人たちは、畑仕事や仕事の合間に、一息ついてお茶を飲みながら、黒糖を口にすることがあります。毎日のご飯のおかず作りにも使われますし、子供も嬉しい、おやつ作りにもつかわれます。沖縄の伝統を受け継いだ家庭料理というのは、沖縄に長寿が多い秘訣とも考えられており、毎日のように口にする、黒糖の栄養成分も注目されている部分です。黒糖は、さとうきびから出る、甘い汁を縛りだして、煮詰めることで出来上がります。シンプルな工程ですが、その成分には、ビタミンやミネラルが、たっぷりと含まれていると言われています。

黒糖の成分は、長寿の国である、沖縄のサポート食のような存在でもあったのです。はちみつや上白糖と比較してみても、無機質なミネラルに、ビタミンを、黒糖は豊富に含んでいるのです。沖縄では日常に使われている黒糖は、沖縄バージョンの豚の角煮であるラフテーや、普通に食卓に並ぶおかずの、肉じゃがや入り鳥に使っても、美味しく、ミネラルもたっぷりとることができるのです。黒砂糖のプリンや、ティラミスなども、上品で深みのある味わいが出て、黒糖ならではの甘みが楽しめます。

Copyright (C)2017沖縄の黒糖と味噌で串カツ用のたれを作る.All rights reserved.