沖縄のおいしい黒糖の生産地は

沖縄の黒糖と味噌で串カツ用のたれを作る ミネラルが豊富な黒糖は、口に含むと、甘い中にも塩のしょっぱさを感じる事が出来ます。一度食べるとそのおいしさの虜になってしまうこと間違いなしの、素朴な味わいで、私も大好きです。そんな沖縄の名産品の一つですが、原料はサトウキビのため、沖縄のどこに行っても売られていますし、買うことができます。それでも、もっとも上質で美味しいものが作られていると評判なのが、波照間島の黒糖でしょう。実際、単に沖縄産と書かれたものと食べ比べると、ミネラルが豊富に含まれていることがしっかりわかる、メリハリの効いた味わいに仕上がっています。

料理に使う場合、お勧めはホームベーカリーで焼くパンです。白砂糖の代わりに使うのですが、塊になっている場合はよくほぐしてから入れます。焼き上がると、パンの外側、いわゆる耳の部分が濃くなりますし、中のふわふわ部分も黒っぽい色になります。見た目は白いパンのように綺麗ではありませんが、味はまろやかで深い甘味が出てとてもおいしく、一度食べるとハマること間違いなしです。波照間島で作られた黒糖は値段が少し高めですが、それに見合うだけの栄養価をもち、おいしさを持っていますので、ぜひとも買い求めたいものだと思います。

Copyright (C)2017沖縄の黒糖と味噌で串カツ用のたれを作る.All rights reserved.