沖縄の黒糖の甘みを使って上品で子供も嬉しい料理を作る

沖縄の黒糖と味噌で串カツ用のたれを作る 甘辛い味わいの仕上がりも多い、沖縄料理では、黒糖を使って上品な味に仕上げるメニューもあります。いつものサバの煮付けも、黒糖を使えば、上品な味わいのあるサバに味噌煮にすることもできるのです。サバの味付けには、酒に味噌、みりんにしょうゆ、ショウガのスライスを使います。一般的なサバの味噌煮と異なるのは、沖縄の黒糖を使うところですが、いつもの上白糖とは、少々違う品のある旨みが楽しめます。サバは3枚におろしますが、切り身を使うと簡単です。味付け用の材料を鍋に入れて沸騰させて、サバを入れたら、強火で煮込みます。生姜も加えて、全体的にとろみが出てきたら、出来上がりです。

小さな子供のいる家庭でしたら、魚は揚げ魚にして、黒糖を使った甘酢あんをかけてもいいでしょう。魚は小麦粉をつけて、衣をつけたら油で揚げます。甘酢あんの調味用は、黒糖に酢、しょうゆに塩、チキンブイヨンスープにトマトケチャップ、とろみ出しように片栗粉です。甘酢あん用の調味労を鍋に入れて煮立てて、水で溶いた片栗粉を加えていきます。器に揚げた魚をのせて、黒糖入りの甘酢あんをかけます。油で魚を揚げるときに、赤や黄色、緑のピーマンなど、野菜も一緒に素揚げしておいて、トッピングとして添えれば、色鮮やかになります。

Copyright (C)2017沖縄の黒糖と味噌で串カツ用のたれを作る.All rights reserved.